上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
稚内は、大変風の強い地域です。
その風を利用して、稚内を含む宗谷地域では、風力発電の風車があちこちに立ち並び、
観光スポットにもなっています。
エネルギーでは、稚内は、メガソーラーの開発地域でもあり、
この木馬館のある声問にその太陽光発電施設があります。

自然エネルギーの開発が盛んに行われいる稚内周辺地域ですが、
木馬館の職員がそれにちなんだオーナメントを作ってみました。

風車のオーナメント
逆光でシルエットにしか見えませんが。
ミニサイズでもほぼ再現されております。

で、これが動きます。
[広告] VPS

後ろについているソーラーパネルで、動きます
ソーラーパネル

お天気が良くなると、
ひとりでに羽が動き出して、くるくる回ります。

こちらのオーナメントですが、
今のところ販売は予定されていません。
スポンサーサイト
2012.01.26 Thu l 未分類 l COM(9) TB(0) l top ▲
謹賀新年

本年もどうぞよろしく!!
2012.01.04 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
まもなく2011年も終わろうとしています。
振り返ると色々なことがありましたが、
今年も多くの方々からご支援をいただき、
利用者・職員共々、心より感謝申しあげます。

これからも変わらぬお引き立てを賜りましたら幸にございます。
来年もどうか木馬館をよろしくお願い申しあげます。


■年末年始休暇のお知らせ

社会就労センター稚内第一木馬館・社会就労センター稚内第二木馬館は、
 
平成23年12月29日から
明けて
平成24年1月3日まで
年末年始の休暇のため休館いたします。

なお、平成24年1月4日は、施設行事のため
作業・販売などの通常営業は、1月5日からとなります。

休暇中のお問い合わせは、
メール(wakkanai@mokubakan.jp)
FAX(0162-26-2172)
で24時間受付いたします。
※休暇中のお問い合わせには、平成24年1月5日から順次ご返答申しあげます。

それでは、今年一年もお世話になりました。
みなさまどうぞ良いお年をお迎えになりますよう。
2011.12.28 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
10月中旬よりおこなってきました、
こちらのブログでは、11月14日にご案内いたしました「冬季限定販売」ですが、
とうとう本日が、ご注文受付の締切日となりました。

1ヵ月半にわたって、多くのみなさまから、カレンダーや木工品のご注文をいただき、
まことにありがとうございました。心より感謝と御礼を申しあげます。

ご注文の締め切りは、今日までです。
まだ間に合いますので、ご注文をし忘れている方は、今すぐ木馬館へFAXしてくださいね。
どうかよろしくお願い申しあげます。

冬季限定販売対象商品「我が家のミニ釣堀」で遊んでみました。
マンボウ釣り上げた

マンボウの釣り上げ難易度☆4.5つ

2011.12.01 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
ちょっと今日は、驚いてしまいました。

「名入れ 子ども椅子」で検索すると、弊所に関するサイトが、
はじめのページに出てくるではないですか?

いまさらのようですが、
お客様は、どんな風に木馬館の商品をみつけるのかなぁと
ふと思いつきました。

だいぶ以前に、まんま「木馬館」で検索したことがありますが、
そのときは2,3ページ目に弊所のサイトがあったように記憶しています。

近頃、「ネットで見たんですけど」とお問い合わせをいただくケースが多くなり、
お昼休みの時間に、「そういえば」と何気に、キーボードをタカタカ。

まずは、ふつうに「子ども椅子」とYahoo! で検索してみました。
木馬館の木の字もヒットせず、
はじめに出るわけないよね。とそれなりに納得。
そのままページをすすめていくと、
3ページ目に登場
私としては、おっと、意外に早い段階。とこれでもかなりおとどろきでしたが。

次に「子ども椅子 名前」で検索すると
2ページ目に登場!おおぉっ!きてるねぇ。

さらに「子ども椅子 名入れ」では、
まさかの1ページ!

それならばと「子ども椅子 積み木」では、
トップぅぅぅぅぅっ!!
ありがとうございますぅーっ。<(_ _)>

tomo3koyuki20.jpg
<ボックス型子ども椅子>

たしかに、子ども椅子と積み木を同時に検索することは、無理があるかも…やはりあまり考えられません。冷静に冷静に
それでも「木馬館」という施設を知らない方でも、
「子ども椅子」と検索していただくだけで、
弊所に関連するサイトが、みなさま方の目に留まりやすくなったことは確かです。

当所では、毎日利用者さんたちが木工作業をがんばっています。
もちろん職員もがんばっております。
しかしここまでにいたるには、ご愛顧いただいているお客様や、商品を探してくださっている方あってこそ。
なんとなく聞き覚えでも、偶然でも
とにかく「木馬館」に関するサイトに興味をもっていただいた方が少なからずいらっしゃる、
というが実感され、本当にうれしく思っております。

私たちは、たくさんのことは出来ないし、
いたらぬことも多々あるかと思いますが、
温かな目で応援してくださる、誰かがいらっしゃる限りは、
ご期待に応えるべく、これからも、良い製品作りに励み、
いつかは、「子ども椅子」といえば、
また、「出産お祝い」といえば、「木馬館」
とみなさまが思い浮かべていただけるようになれたらと思います。

今日は、もうビックリしちゃって
文章が「もうさよなら」か、みたいになってますけど。
そんなことないです。これからもどうかよろしくお願いいたします。
2011.11.22 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。