上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
こんにちは、伊藤です。

少し前になりますが
毎年6月はじめころに札幌市で「よさこい祭り」が開催されます。
その日は、よさこいを舞うために道内を中心に全国からも多くの方が参加され
札幌市の一大イベントとなっています。

今年、あたらしく就労支援事業部の職員になった
成Tさんは、稚内のよさこいの演舞チーム「最北烈風隊」の創設からのメンバーで
今年のよさこい祭りでも、もちろん踊ってきました。
 
今日は、そのときの写真をお借りしたので紹介します。

大通西8丁目メインステージでの演舞。
08_06_08_0335.jpg

08_06_08_0192.jpg これが、踊る成Tだっ
08_06_07_0523.jpg 成Tっ 熱いぜ

08_06_08_0668.jpg 一番街三越前会場 ヒュー
                                


ちなみにこちらが普段の成T。
                  DSCF2146.jpg




スポンサーサイト
2008.07.31 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
各地で猛暑が伝えられ、夏真っ盛りではありますが、
宗谷では、はやくも夏の終わりを告げる草花が咲き始めました。


kitunetebu.jpg
施設の裏に咲いていた「きつねのてぶくろ」。花の名前は、池の管理人件職員Y がおしえてくれました。
おとぎ話のような名前がついていますが、一般的には「ジギタリス」といわれます。
周りの小さな白い花は「ミミナグサ」花びらがピンとそろえた白兎の耳のようです。
kitune.jpg
「きつねのてぶくろ」は夏の花。今は、わずかに上のほうに花を残すだけになりました。

turiganeninji.jpg
「ツリガネニンジン」です。いまごろは草むらにたくさん咲いています。

ezonyu3.jpg
「エゾニュウ」です。 極々小さなクリーム色の花が寄せ集まって巨大な花を形成しています。
上から見ると、まるで花火のようです。
背景の牧草地に置かれている丸くて白いものは、搾乳用の牛に使うラッピングされた牧草ロールです。
ezonyu.jpg
中には2メートルもあるかと思うほど丈が伸びたものもあります。今時期は、草原にニョキニョキと顔を出して面白い景色を作っています。


yamahahako.jpg
分かりにくいのですが、手前向かって左側に咲いている
スモーキーなピンクの花は、「ヤマハハコ」。本州では白いとか。ここらあたりに咲く「ヤマハハコ」は、なぜかくすんだピンク色をしています。奥のほうに「きつねのてぶくろ」も見えます。

宗谷で花の見ごろは、6月中旬から7月中旬といわれます。
7月も終わりに近づくと、野の花では紫系、桃色系の花が多く見られます。
さらに、8月にはいると青みがかった紫色の「トリカブト」の花をよく見かけるようになります。
「トリカブト」が終わると、
まもなく宗谷には秋が訪れます。

2008.07.25 Fri l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
蝦夷梅雨とでも言うのでしょうか。
北海道にしては、湿気の多い曇った日が続いております。
今日も、午前中はそんな空模様でしたが、午後なって夏らしい日差しが戻ってまいりました。
久しぶりのおてんとさまを拝もうと、ふと空を見上げると
飛行機雲。

飛行機雲

内陸から海岸に向かって一筋の飛行機雲が架かっています。


「ながいな~。立派な飛行機雲だな~」と感心しながら、
しばし空を見上げ眺めていたら
ふいに、さっきまでの会話を急に思い出しました。
おりしも、本日は土用の丑の日。
いつのまにか、飛行機雲は立派なうなぎに思えてきて、
「うな重食べたいな~」に
気持ちがスイッチしてました。




2008.07.24 Thu l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
木馬館で毎日いただくお昼ごはんを
ひと月まとめて一挙公開
毎日が楽しみ、栄養満点のお昼ご飯です。

6月23日~7月18日まで


6gatu23 3
6月23日 ソースカツ丼 盛り合わせサラダ 豆腐とねぎの味噌汁

6gatu24 2
6月24日 鱈のピカタ イカ大根 玉ねぎと若布の味噌汁

6gatu25 2
6月25日 鶏の味噌漬け焼き マカロニサラダ ソーメンと葱の澄まし汁

6gatu 26 3
6月26日 醤油ラーメン おにぎり 牛乳

6gatu 27 2
6月27日 鮭のムニエル 肉じゃが 大根と揚げの味噌汁

6 30-1
6月30日 チキンカレー 春雨サラダ 福神漬け

7 1-3
7月1日 糠にしん 味噌おでん とろろ昆布と葱の醤油汁

7 2-2
7月2日 豚肉の生姜焼き イカと胡瓜のマヨネーズ和え 白菜と揚げの味噌汁

7 7
7月7日 炒飯 春巻き コンソメスープ

7 8
7月8日 鱈の甘酢煮 焼き餃子 かき玉汁

7 9
7月9日 照り焼きサンド ハムカツサンド スパゲティクリーム煮 カツゲン

7 10
7月10日 海老玉風 ちくわ天 キャベツと揚げの味噌汁

7 11-3
7月11日 麻婆豆腐 ビーフンソテー 芋と若布の味噌汁

7 15-3
7月15日 鮭のマヨネーズ焼き ひじき煮 豆腐と葱の味噌汁

7 16-2
7月16日 豚肉の竜田揚げ 牛蒡と天かまの味噌煮 三つ葉と豆麩の澄まし汁

7 17-2
7月17日 7月のお誕生お祝いメニュー

7 18
7月18日 冷やしラーメン フルーツ 牛乳



2008.07.23 Wed l 食べる l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは、伊藤です。

北門神社祭でのテント販売からすでに2週間も過ぎてしまいました。
驚きのはやさです

またまたテントでの販売をすることになりましたのでお知らせいたします。
場所は、豊富町陸上競技場です。
ここで、7月20日に北海道障害者スポーツ大会の陸上競技が開かれます。
会場は、豊富町と稚内市の2箇所に別れておこなわれますが、
稚内市からのお誘いを受けて、豊富会場で木馬館の木工品を販売させてもらえることになりました。
(稚内会場は、稚内総合体育館です。開催日は同じ。)

ご来場いただく皆様には、
スポーツ大会に参加された記念として
ご購入いただければと思っております。
どうぞ、木馬館のテントをのぞきにきてください。
ほかにも、稚内市の物産販売、通所授産施設「サロベツマイハート」のパンなど販売される予定です。

また、稚内や豊富にお住まいの方は、
競技に参加される選手の方々を応援しに、
是非とも会場にお越しください。
 
テントの販売場所について
 第46回北海道障害者スポーツ大会
 とき 平成20年7月20日 日曜日
     開会式 午前9時 
     閉会式 午後2時30分
 ところ 豊富陸上競技場(天塩郡豊富町字西豊富)JR豊富駅のすぐ裏 
     交流スペーステント内 

posuta.jpg

障害者スポーツ大会についての詳しいことは、こちらをご覧ください。
 財団法人 北海道障害者スポーツ振興協会

2008.07.18 Fri l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは、伊藤です。

稚内市では、7月4,5,6日の三日間にわたり北門神社祭がおこなわれました。
神社下の通りでは恒例の市民テントが軒を連ね、木馬館も木工品の販売で参加しました。

宵祭り、本祭りの両日は、強風と時折の雨にみまわれ一時はどうなることか思いましたが、
昨年同様、多くの方々が木馬館のテントに訪れて木工品を手に取りお買い上げくださいました。
お客様の中には、毎年きてくださる方や木馬館に励ましのお声をかけてくださる方もいらっしゃいました。
祭典期間中、足をお運びいただいた市民のみなさま、観光で訪れて偶然足を止めてくださった方など
木馬館のテントにお越しいただいたすべてのみなさま、本当にありがとうございました。

2008.07.07 Mon l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
ロングセラー商品のひとつ
「積み木」のご紹介。
この積み木は、
なんでも口に運んでしまう小さなお子様にも
安心して与えられる積み木として
10年ほど前に生まれました。

木馬館の積み木は無着色です。
色がついていないので、
「みたて遊び」の創造性を妨げません。
想像を広げてたくさん遊んでください。

tumiki 3

ピースの角は、少し丸くなっていて
お子様のちいさな手に優しいつくりになっています。

tumiki 10

汚れにくく、多少の汚れにもお手入れがしやすいように
表面に塗装をしています。
使用している塗料は、安全を保障された植物が原料の塗料で
安心してお使いいただけます。

tumiki 5

木材には、タモの無垢材を使用しています。
一種類の木材でも、よくみると同じ色のピースはありません。
色や木目がさまざまで、木の美しさと小さな発見を楽しめます。

tumiki 13
 

流行も追わず派手さもないけど
安全で安心して使っていただけることが
息の長い商品であり続ける理由なのかもしれません。

木馬館の積み木
  積み木セット(小) 8種28ピース ¥3,150(税込み)
  積み木セット(中) 16種52ピース ¥5,250(税込み)
  木箱入り積み木 19種62ピース ¥9,975(税込み)



最近、着色剤に関するお問い合わせをいただくことが多くなりました。
海外で作られる商品に危険な着色剤が使われていたことが問題になり、
お子様を思う親御さんが安全性を意識してのことだと思います。

木馬館では、
装飾品や小物類への着色は、
鉛やトルエンを含まない水性のものを使用しています。
でも、なめても安全かといわれると疑問に思うところ。
(もともとなめるものではないので、なめさせないで下さいね。)

木馬館にも
安全を保障されている着色剤があり、使用もしています。
でも、大変高額であるため(とても高い商品になってしまう
必要性とお客様のご希望により使用しています。


商品についての詳細やご質問がございましたら
お気軽にいつでも木馬館にお問い合わせ下さい。

2008.07.02 Wed l 木馬館 定番商品 l COM(0) TB(0) l top ▲
buru.jpg

玩具のブルドーザーの紹介です。
コロンとしたかわいい形。
窓の部分のくり抜きをつかんで動かして遊ぶことが出来ます。
タイヤの車軸をわざとずらしてあるので、
ごっとんごっとんと動きに面白さがあります。

全長は13センチ。車体部分の厚みは3センチ。
buru 2
幅は8.5センチ。

とにかく、形がかわいくて汽車ポッポと同じく、インテリアとしてもお勧めします。
buru 5

でも、かわいいだけじゃありません。
小さな車体ですが、立派なecoCARなんです。(いいすぎ
どこがエコかというと、
この商品は、木馬館から出る端材を利用して作っている商品なんです。
私たちは、普段から森の木を利用させていただいているわけですから、
最大限無駄にしない。木を大切に使おうと生まれたのがこの商品。
家具を作った後に出る端材もあれば、寸法上どうしても残ってしまう材料なんかを寄せ集めて作っています。
ですから、使われている木材の種類はさまざま。
それがまた微妙なグラデーションを生み出して素敵な玩具になりました。

玩具のブルドーザー 税込み¥630



2008.07.02 Wed l 木馬館 定番商品 l COM(0) TB(0) l top ▲
こんにちは伊藤です。

7月になったとたん、暖かくなりました。 といっても気温18度ですから。
                                        ワッカナイって。

第二の作業場にいったついでに
池にいってみました。
前回のあの状況を見てから、コケの行方についてはすっかりあきらめ気分。
それより、ボーボーに伸びた植物はどうなったかと、
そっちのほうが気になり池に向かいました。

なんか咲いてる。
7 1 ike


なんでしょ。花ショウブでしょうか。
野生的に咲ききっておりますが、そこそこきれいかと。
0701ike 5

しかもお隣には、たぶん畑だったところに、
やはり野生的にネギ坊主がニョキニョキ。
0701ike 4
その後ろには、背丈以上もあるイタドリが茂っております。
まったく、豊かな自然に囲まれた木馬館であります。



結局、コケのことはさっぱりで、
突然ですが、
コケレポート本日でおしまいっ

2008.07.02 Wed l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。