上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『第19回木馬館まつり』アンケート【抽選日】のご案内

明日9月1日は、
『第19回木馬館まつり』アンケートにご協力を頂いた方には、
お待ちかねの景品抽選をおこないます。

抽選の対象は、
8月23日開催『第19回木馬館まつり』で
アンケートにご協力をいただいた方で、
さらに、アンケート用紙の最後に設けた、景品選択項目のなかから、
ご希望の賞をお選びいただいた方が対象者となります。

対象人数は、
ご協力して下さった58名様のうち
賞をお選びいただいた56名様。

ご応募いただいた賞別で抽選いたします。

抽選を担当するのは、
今年も稚内第一木馬館施設長の中村が勤めます。

景品と<ご応募人数>は、以下のとおりです。

  A賞「子どもイス」を1名様に  <応募人数24名様>
  B賞「カントリー調トレイ」を5名様に  <応募人数16名様>
  C賞「フリーサイズティッシュケース」を14名様に  <応募人数16名様>

抽選結果は、9月7日にこちらのブログで発表いたします。

発表の方法は、アンケート「お客様控え」の抽選ナンバー[№19○○○]でお知らせいたします。
※お名前やご住所では、発表いたしませんので、
 お持ち帰りいただいた、「お客様控え」の抽選ナンバーと照らし合わせてご確認下さい。


■抽選には、
※商品をお選びいただき、アンケート用紙の「お客様控え」を持ち帰らなかった方や
※賞品をお選びいただき、お名前・ご連絡先を未記入の方も
抽選対象といたします。
■お名前・ご連絡先を書かれていない方が、当選した場合、
ご当選者様より、当選発表の9月7日より1週間を経過しても
ご連絡をいただけないときには、当選無効とさせていただきます。
■当選無効があり、当選数が定数以下となった場合は、
抽選から漏れた方の中から、後日あたらめて不足数分を抽選いたします。

なお、当選に関しましては、
こちらのブログで当選ナンバーをご確認いただくか
賞品のお届けを以ってのお知らせといたします。
※当施設への、電話などによる直接のお問い合わせには、応じませんので何卒ご了承下さい。

それでは、
9月7日の結果発表まで
もうしばらくお待ち下さい。
スポンサーサイト
2009.08.31 Mon l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
「第19回木馬館まつり」は、本日、おかげさまで無事に終了することが出来ました。

今年もたくさんの方々にお越しいただき
ご来場いただいた皆様には、
職員一同、心よりお礼を申し上げます。

また、休日にもかかわらず
多くのボランティアのみなさまにも
ご協力を頂き感謝申し上げます。

ブログでは、今後も「アンケート」にご協力下さった方対象の抽選結果や
「アンケート」集計結果などをお伝えする予定となっております。


本日は、木馬館まつりに来ていただいた全ての皆様に
大変簡単ではございますが、この場からお礼を申し上げます。

ありがとうございました。


2009.08.23 Sun l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
6月22日「新しい機械がやってきた」のつづきです。
ずいぶんお待たせしてしまいました

でもその前に、
告知!8月23日に開催される「第19回木馬館まつり」で
新しく設備された
「NCルーター」の
   デモンストレーション
が予定されております。

可動したところを一般に公開する、稀な機会ですので、
ぜひご覧いただきたいと思います。

デモンストレーションが行われる時間などは、いまのところ未定です。
木馬館まつり当日のご案内となります。



お待たせしました。続きです。
加工したタイヤ部材
子供用のおもちゃの部材も製作可能に。
タイヤ部材UP
新しいNC

さて、木馬館にやってきた新しい機械「NCルーター」は、
高性能振りをつぎつぎと発揮。

子供用の椅子や小型家具の部材なら
難なくこなしていきます。
しかも早い。
プログラムは保存され、まったく同じ部材を何度も繰り返し作ることが出来ます。


これから写真でご紹介するのは、
これまでは糸のこ盤からひとつひとつ手作業で切り抜いていたようなことが
新しい機械では、容易に大量にできるようになったという一例。

写真のような、複雑な曲がりがたくさんある北海道の形を
一枚の板から連続して切り抜くことが出来ます。

それでは、その工程を順を追ってご覧下さい。

材料のセットには、注意を払います。特に細かな加工や薄い材料は、高速で回転する歯に巻かれて、材料を跳ね飛ばすことがあるからです。
可動までの準備は、慎重です。
板固定

機械が動きはじめました。
カット開始

加工の様子が良く分かるように、中の歯を見せてくれました。
まるでペンでなぞるような滑らかな動き。
カットの様子2
迷いのない歯の運びに見入ってしまう。
カットの様子4

内蔵の歯
可動部分の左側にさまざまな形の歯が内蔵されています。
加工の仕方や材料によって、入れ替えられます。
カットの途中経過1
見る見るうちに北海道の形でいっぱい。
カットの途中経過2
ディスプレイでは2
制御PCのディスプレイでは、現在の進行状況やプログラムの内容が映し出されます。
ディスプレイでは
盛んに数値が動いています。
出来た1
終了しました。稼動開始から20数分。
出来た2
糸鋸で切り取ることを考えると気の遠くなる作業です。
出来た3
正確に、早く、量産が可能。

北海道出来立て
カットされた部材は、作業室に運ばれ出来立て北海道
利用者さんがひとつずつ丁寧にサンドペーパーで仕上げていきます。
ペーパー仕上後
すべっすべになって。完成です。
木馬館のしごとはここまで。
このあとは、表面にプリントがされて、道内の土産店の店頭に並ぶ予定だそうです。

もしかして、あなたの街のお土産屋さんにも並んでいるかも。
2009.08.21 Fri l 作業 l COM(0) TB(0) l top ▲
木馬館まつりも、もう目前。

予告では、昨日お伝えするつもりだった
「木馬館まつり」の内容が
今日になってしまってごめんなさい。
予想以上に時間がとれませんでした。


それでは、木馬館まつりの内容を
シュミレーション形式でご紹介。

8月23日日曜日
雨が心配されたけど、何とか天候も回復したもよう。
さあ、「第19回木馬館まつり」へ出掛けましょう。

10時開始に間に合うように、車で木馬館へ。

駐車場は、お隣の「緑が丘学園さん」側へ。職員が誘導します。

受付で、会場案内図とスタンプラリーの用紙を受け取って。
ちょうど開会式が始まった様子。

施設側に向かって、
右手には「邑陶舎」の陶器と
「金村農場」の取れたての新鮮野菜を販売するのテントが並んでいます。
大きめのお皿なんてあるかな。あとでゆっくり見に来よう。

すぐ側では、丸太投げ大会の用意がされています。

左手には、ウッドデッキのステージ。
今日は、木馬館ではお初の「キッズダンス」のパフォーマンスが見られます。

まずは、第二木馬館の木工販売コーナーへ直行。
なんといっても、格安でカントリー調のインテリアが購入できるチャンス。見逃せません。

途中、施設の前の通りを挟んでテントが並びます。

ふと左を見ると、
「ウサギ!」うさぎがいます。小さな子供が歓声を上げています。
その横は、ゲームコーナー。子供たちがヨーヨー釣りやスマートボールに真剣。

それにしてもいいにおい。焼き鳥?燻製?どちらもあります。
燻製をおつまみにビールもいいな。
車で来たけど、ノンアルコールビールで雰囲気は楽しめそう。

さらには、「くま笹」が販売するメロンも。
今日は、野外でデザート付きのランチに決まり。

第二木馬館の会場では、入り口をはいってすぐに「アンケートコーナー」
抽選20名に景品が当たる。景品には子供いすも。 
忘れずにアンケートにも協力しよう。

コーヒーの香り。一杯100円。疲れたら休憩しに来ようかな。

ここにも木工品が。
おしゃれなランプが展示してる。
木馬館で、メタルな製品??? 革製品も??? で、レーザーって何?

いよいよ木工販売コーナー。すでにお目当ての木工品を買い求めるお客様が大勢。チラシで見たあの商品まだ残ってますように。

商品を何とかゲット。
販売コーナーの隣は、「遊びの広場」。
木で出来た、パズルや玩具が沢山。
子供も大人も夢中で遊んでいます。

アナウンスが第一木馬館会場での、
「木工教室」の案内をしています。
木工ははじめてだけと、500円のペンケースに挑戦してみようかな。
名前も入れられるなんて、ちょっとうれしい。だから、レーザーって何?

外の方がずいぶん賑やか、ステージでバンド演奏かな。

丸太投げのエントリーも聞こえてきました。

まだまだ、時間はたっぷりあります。


ゆく夏の一日。
木馬館まつりで夏の終わりを満喫しよう。


シュミレーションは、一例です。
「木馬館まつりは」参加型の企画が満載。
楽しみ方は、何通りもあります。
8月23日は、木馬館をあげて皆様のお越しを心よりお待ちしております。

DSCF4493.jpg
                     ピカチュウ
DSCF4490.jpg

2009.08.20 Thu l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
木馬館まつりまであと5日。

職員全員が各企画を受け持ち、それぞれの担当者は、
作業の合間を縫って、準備に忙しい。

新しい企画もあり
当日は、どうなることか。

お天気も心配。
予報では、雨なんて話も出ています

木馬館まつりは、
雨天決行! 

雨が降っても開催しますので
どうかあきらめずに来て頂きたい。

そうそう、8月23日は
すぐ近くの「道立ふれあい公園」でも
イベントを行う予定となっています。

23日は、声問に足をお運びいただき
お祭りを掛け持ちで楽しんでみるのは、いかがでしょうか。


明日は、木馬館まつりの全貌に迫ってみたいと思います。
2009.08.18 Tue l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
夏季休暇に入る前
いつもより遅くなった帰り道
道路わきの電線におびただしい数のカラス。

五線譜みたいだと
車を止めて、車内から写す。(ピンボケ)
音符からす
もっと近くで写そうと
車から出た途端
一斉に飛び立つカラス。
音符からす飛ぶ
これがなかなか不気味


昨日の帰りの利尻島。
雲を背に頂上付近の稜線がきれいに見えたので写す。
8.17利尻島2


木馬館は、豊かな自然の中にあるのです。
2009.08.18 Tue l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
8月の第4日曜日は
     「木馬館まつりの日」

今年も
いよいよ「木馬館まつり」が近づいてまいりました
まずは、日程のお知らせ。

日程は以下のとおり

い つ  平成21年8月23日(第4日曜日)
      午前10時開始
 
どこで  声問にある稚内木馬館
  
                       社会就労センター 稚内第一木馬館
                       社会就労センター 稚内第二木馬館
         稚内市声問5丁目48番21号

お祭りの内容については
夏季休暇明けに改めて
ご案内いたします。

すでに、稚内西條百貨店さん、ホーマックさん、ノシャップあきかわ屋さん、稚内温泉ドームさん、ホクレンショップさん、相沢商店さん、などなど店舗、施設等でポスター掲示のご協力を頂いております。
機会がございましたら、ポスターでもご案内しておりますので、ご覧いただければ幸いです。

なお、「第19回木馬館まつり」に関するお問い合わせは、
稚内木馬館 (Tel 0162-26-2170) に直接お問い合わせ下さい。

2009.08.11 Tue l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
どちら様もそろそろお盆休みでしょうか。
もちろんお仕事によっては、
なにさぁ!こっちは仕事だべさ
という方もいらっしゃるでしょうね。

木馬館も明日より
夏季休暇、お盆休みに入ります。

期間は、12日から14日まで
     その後土日になりますので、

■8月12日から16日までが休業、休館となります。
■8月17日月曜日からは、通常の営業となります。

お休み期間中のお問い合わせは、FAX・メールでお受けいたします。
ご返答は、休み明けの17日以降となりますのでご注意下さい。

■お問い合わせはこちら。24時間受付しております。
       稚内第一木馬館   FAX : 0162-26-2172
                   e-mail : wakkanai@mokubakan.jp
   ※なお、夏季休暇期間のお問い合わせには、
      8月17日以降のご返答になりますのでご了承願います。


              

2009.08.11 Tue l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
TOMOマーク
 今年の6月1日インターネットショップサイト『TOMO市場』がスタートしました。
『TOMO市場』は日本でもほとんど例をみない、全国の障害者作業所施設が参加するショッピングサイトで、「きょうされん」が立ち上げ運営を務めています。
 


 5月29日には、ショップのスタートを記念し、東京都内で『TOMO市場グランドオープン・オープニングセレモニー』を予定しておりました。
 ところが、ちょうどその頃、都内で新型インフルエンザの流行の兆しがあり、大事をとりやむなく延期となりました。

 それから、2ヶ月が過ぎました。
 
 ショッピングサイトを運営する「きょうされん」は、このあいだも着々とイベントの準備や調整を行い、さらにプログラムを充実させ、
ついに8月7日、念願の『TOMO市場オープニングイベント』開催となりました。


***TOMO市場
オープニング・イベント***


とき 平成21年8月7日(金曜日)
   午前10時から午後4時まで
ところ 日本財団(ニッポンザイダン)   東京都港区赤坂1丁目2番2号
   日本財団ビル 1Fバウルーム
  入場無料。どなたでもご参加いただけます。
内容 ①TOMO市場ラインナップ商品の展示(※一部販売)
    ②TOMO市場体験ブース
    ③ステージプログラム
    ④おみやげもご用意
    等々

イベントのお問い合わせ
   きょうされん事務局 電話03-5385-2223(担当:中村、松本)
   社会就労センター稚内第一木馬館 電話0162-26-2170(担当:伊藤)


当日は、各界から著名人の参加もあり、見本市会場では、「TOMO市場」に出店している施設が全国から集まり、ご自慢の商品を披露いたします。きょうされん事務局のはからいで木馬館の商品も展示販売することになりました。
お近くにお越しの際はぜひお立ち寄りいただき、会場を盛り上げていただけたら、大変嬉しく思います。
どうぞ応援よろしくお願いいたします。


   
2009.08.03 Mon l TOMO市場情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。