上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
休日明けの今日、施設の敷地内に除雪車がはいった後、
白い雪の断面層に、黄色い横縞があらわれました。
3月20日 大陸からの強い風に運ばれてきた黄砂の跡です。
黄砂3.23

20日は、全国的に黄砂が観測されましたが、
稚内では、黄砂の混じった雪が降り、あたり一面、街全体が黄ばんだ色に覆われました。
黄砂h22.3.2
(20日の朝、↑↓)
黄砂当日3.20
白い雪の上なので、砂の色味がわかります。


黄砂h22.3.23 
くっきりと黄砂の跡。
スポンサーサイト
2010.03.23 Tue l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
巷では、梅や菜の花、桜が咲いています。なんて話が聞かれております。
稚内といえば、今日も氷点下。当然、何も咲かない。

ですが、
さすがに3月ともなれば、「春かも」と春の気配を感じるときも


春かも 証拠1公用車のつらら
車の氷
自動車と地面をつなぐ、つらら。
車の氷サクシードの
いくらなんでも凍り過ぎだ。
でもこれは、日中、車体に凍り付いていた雪や氷が、
いったん溶けたことから、こうなりました。
つまり、昼間の太陽の日差しが強くなった証拠。


春かも 証拠2  朝、職員駐車スペース雪の山に、すずめの足跡発見。
すずめのロンド3
なに!? このぐるぐるは、
すずめのロンド2
楽しそうだ。春を、喜んでいるんだ。(…。)


春かも 証拠3  工房の軒の雪。ほれぼれするようなウェイブ。
屋根の雪

屋根の雪正面

   屋根の雪が落ちた
少しの晴れ間で、ドドドーぉと落雪。
   落ちた雪
かなり危ない。

そして、春は近い。
2010.03.11 Thu l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
おしまいは、イベント前から終わった後のお話。

札幌市でイラストレーター作家として、各分野でご活躍されている、
佐々木小世里さん。
北海道新聞をご購読の皆様には、日曜日掲載中の
『小世里のいいもの見つけた』でお馴染みかと思います。

はじまりは、
その『小世里のいいもの見つけた』で、
木馬館の商品を取り上げていただけるという、ご連絡をいただいたことから。

その後、メールや電話で、何度も商品についてなどのやりとりをさせていただきましたが、
木馬館が札幌でのイベントに参加することから、
やはり、実物をご自身の目で確かめられたいということで、
めざSO-YA!!開催期間にスケジュールを合わられて、会場に来て下さいました。


イベント会場でお会いしてから1週間後。
2月14日バレンタインデーの日に木馬館の「積み木入りボックス型子ども椅子」が掲載されました。

木馬館の商品が『イラスト』で紹介されるのは、はじめてのこと。
いつも目にする商品が、とても新鮮に映りました。当初、のんきに喜んでおりましたが、
週明け、
木馬館では、『ボックス型子ども椅子』発売以来、前代未聞の反響を知ることになったのです。
が…。なぜこれほどまでに???


これまでの佐々木さんを思い起こすと、ひとつ分かるような気がします。
ニコニコと声を掛けて下さって、とても気さくで快活なお人柄の中に、
流儀とまでいいたいような、モノを選び見る姿勢とパワーを強く感じました。
それが、イラストや行間からにじみ出して、
信頼として読者に届いたのではないでしょうか。

利用者さん達の作業風景までも見えてくるような、
商品から伝えたいことを受け止めていただき、
エッセンスのように表現して下さったと思っております。


ここでいろいろ語るより、
佐々木小世里さんのホームページはこちらから
北海道新聞『小世里のいいもの見つけた』イラストデータブログはこちらから
 
  佐々木小世里さんの素敵な世界へいってみよう!


さらにしばらくたってから、分かったことですが、
第35回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した、渡辺一史氏著書の『こんな夜更けにバナナかよ』で、
カバーイラストを描かれたのも、佐々木小世里さんということを知りました。
遅いよ 誰か知らせてくれよ~。

北海道新聞 平成22年2月14日発行『小世里のいいもの見つけた』
道新記事小世里のいいもの見つけた
  
「めざSO-YA!!2010」では、多くの出会いがありました。
イベント参加にお誘いいただいて、本当に感謝です。

おしまい
2010.03.03 Wed l イベント l COM(2) TB(0) l top ▲
『めざSO-YA!! 2010』で商品をお買い上げいただき、
「あの商品をもう一度手に入れたい」と思っていた方に、嬉しいお知らせです。

先月、宗谷支庁のメールマガジンから、
『めざSO-YA!! 2010』のフォローアップ情報が、発行されました。

メールマガジンには、参加したお店ごとの取扱商品やHPアドレスも掲載されており、
なかには、ネットで「お取り寄せ」が可能なお店もあります。
あきらめていた、「あの味」「あの製品」をお求めになれるチャンスです。
イベントにお越しいただくことが出来なかった方も
ぜひご覧いただきたいと思います。
もちろん、
ブログをご覧いただいている皆様にもお勧めです。
※今回話題としたメルマガは、バックナンバーでご覧いただくことが出来ます。

ところで、いまさらですが、「めざSO-YA」のSO-YAは、北海道宗谷地方の「そうや」のことです。
北海道北部のほんの一部のようですが、その面積はかなりの広さなんですよ。
全国の県のなかには、宗谷地方と同じくらいの大きさの県がいくつもあります。

広大で、厳しくも豊かな自然からいただく、海の幸・山の幸、
新鮮な素材からつくられる加工品など、
自宅にいながら、宗谷グルメのプチ旅行をお楽しみいただくことも出来そうです。
どうぞ一度ご覧になってみてください。

宗谷支庁のメールマガジンのバックナンバーをご覧いただくには、

  北海道HPの
  北海道のメールマガジン
  一覧より
    
  ふるさと宗谷メルマガ「宗谷だより」
  話題で取り上げた<バックナンバー>は、№98 2010年2月26日です。

下のアドレスから入れます クリック
http://www.hokkaido-jin.jp/mail/magazine/index.html


できましたら、
ふるさと宗谷メルマガ「宗谷だより」の購読の
ご登録もお願いいたします

もうちょい つづく
2010.03.03 Wed l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
あらためまして、
2月6,7日におこなわれました、
めざSO-YA!! たのしい・おいしい「てっぺん」2010 in Sapporo
について

このたびのイベントには、
宗谷支庁の職員の方々をはじめ、出店された皆様や関係者スタッフの方々など、
多くの方に助けていただきながら、ひとり参加でも何事もなく、
最後まで無事にブースを担当することが出来ました。
まずは、お世話になった皆様に、心より感謝申し上げます。

会期中の2日間で、イベントに訪れたお客様は、13,500人(推計値)
だったそうです。

参加した市町村は、稚内市・猿払村・浜頓別・中頓別・枝幸町・利尻町・礼文町・豊富町 そしてサハリン(稚内)
宗谷地域を丸ごとギュギュッと凝縮したような特色豊かな企画満載のイベントでした。

主催者がおこなっていたアンケートの結果でも、
イベントにお越しいただいた方の感想は好評であったと伺っております。
多くの方が、宗谷のおいしい・たのしいをご満喫いただいたのかなと、
お客様をお迎えする側としても、嬉しい結果となりました。

木馬館のブースにも多くの方が訪れてくださいました。
木馬館の商品をお買い上げいただいた方、お声をかけてくださった方、
本当にありがとうございました。

こちらのブログをご覧いただいている方にも
お会いすることが出来ました。とても嬉しかったです。
これからも応援よろしくお願いいたします。


振り返ると、色々不足のこともあったかと思いますが、
お客様や関係者の皆様のおかげで、
私も楽しく参加することができたようです。
ありがとうございました。



さらにつづく
2010.03.02 Tue l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
「めざSO-YA」に行って来ました。
先月からお知らせしていましたが、やっとのご報告です。

まずは、2月6,7日にサッポロファクトリーのアトリウムで開催した、
宗谷支庁主催イベント「めざSO-YA」の会場の様子をお知らせします。
下の写真は、初日の準備の様子です。見えている人たちは、全員関係者スタッフ。
それぞれのブースでは、開店を目前に大忙しといったところ。

めざSO-YA2010準備3
めざSO-YA2010準備4

下の写真は、木馬館のブースです。開店準備が一段落したところ。
めざSO-YA2010準備2
めざSO-YA2010準備

このたびは、ひとりで参加しましたので、開催中はブースを離れることが出来ず、
結果、準備中だけの写真となっております。

そんな中、唯一イベント開催中に写した写真がこちら
めざSO-YA2010宗谷きゃら大集合

ステージに、宗谷地域の市町村のマスコットキャラクター大集合したときの写真です。
ちなみに、向かって一番左にいるのが「稚内観光協会」マスコットの「出汁の介」(だしのすけ)です。


つづく
2010.03.01 Mon l イベント l COM(4) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。