上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
さっそく、前回の続きです。
「木馬館まつり」にご来場いただいた方々の評価は、どうだったのでしょうか。ドキドキ

Q4.(1)実際にお越しいただいてみての感想をお選びください。(複数を選択された回答あり)
期待以上 (16)
期待通り (34)
楽しい (27)
期待はずれ (1)
楽しくない (0)
悪い (0)
無回答 (1)

担当からのコメント
では、お客様の期待に対して、実際はどうだったのかという、いわゆる満足度については、「期待通り」が一番多く、次に「楽しい」が続き、ことしの「木馬館まつり」には、概ねご満足いただいたという結果になりました。
ここで、やっと、緊張から開放された気分がいたします。

具体的なご意見からは、
まず、期待度の高い「木工販売」にたいして、例年に比べ品不足を訴える声が少なくなりました。
事実、今年はさらに商品の種類を豊富にし、昨年より30%以上品数を増やしました。その点について、お客様自身が売場にこられて、実感していただいたと思っております。ご意見のなかには、「商品が多くなった」という書き込みもございました。
一方で、新しいタイプのご意見として、「○○が手に入らなかった」という、具体的な商品名をあげるなど、特定する商品の不足を指摘されるご意見もありました。
これは、チラシやポスターに掲載された商品をご覧になり、特定の商品に多く注目がいき、当日早々と売切れてしまったということがおきたためと思われます。

そのほか、企画全般に対して、またお子様や親子が楽しめるプログラムやコーナーといった参加型の企画に、良い評価をいただいております。


(2)Q4(1)の質問に関して、お気づきになられた点を具体的にお聞かせください。
■選択肢から「期待以上」を選ばれた16名の方の記述回答
楽しい
天気も良かったせいか活気がありました。とっても楽しかったです。
オモチャが安くかえて大満足!!
ヨーヨーつり何個も持っていっている子がいたので、係りの人がいた方がよいと思う
Nothing
子どもでも簡単にできて良かったです。
ゲームやたべものなどイベントもたくさんあってびっくりしました。
回答なし (9)

■選択肢から「期待通り」・「楽しい」を選ばれた60名の方の記述回答(二者とも選択を含む)
スタンプラリーなど子供も楽しめて良かったです。
こういうイベントをもっとやってほしい。
もっとたくさんのおもちゃであそびたかった。
はじめて参加しましたが、とても楽しめました。
良い商品はすぐに売れ切れてしまっていた。
木工品がだんだん増えているのはうれしいのですが、クチコミでだんだん買う人も増えているので、大きい木工品がまた今年もゲットできず、ざんねんでした。
子供がよろこんだ
木工販売は、たくさんの品があってうれしかったです。
かいぞくのたからばこがうりきれで残念
子どもの遊び場があって、娘はとても楽しそうでした。
小さな子どももつくれる木の製作があればいいです。
今回3度目のお祭りで毎年子どもと一緒に楽しく過ごせています。
思った以上に木工品が数多くあり、たくさん買ってしまいました。
実用品があって良い
オモチャの種類が多くて楽しかったです。
もう少し品数を増やしてほしいです
毎年恒例のイベントなので。
たのしかった
安い値だんで木のこものが買えてよかったです。
とてもいい
まる太なげなどがおもしろかった
イベントがたくさんあるから
子供が楽しめる事
年々、数が増えて、うれしいです。
家具を買うのが楽しかった。
天気も良く楽しかった。
子供さん向けにたのしく遊ぶところがありなかなか帰ると言いません
まん足です。
木工品が安くて良い。
たくさんの木のおもちゃであそべた。
以前からほしかった小さなティッシュケースを購入しました。
木工品とても安くて良かった
回答なし (27)

■選択肢から「期待はずれ」を選ばれた1名の方
駐車場の警備の方の誘導が上手でした。大型家具や目玉商品であろう品が開始10分以内に売り切れているのは本当にショックでした。木工品の出来はすばらしかったです。

Q6ほかに、本日お越しいただいての《ご感想・ご意見・お叱り・ご要望など》なんでもご自由にご記入ください。
■企画(コーナー)に関するご感想
丸太なげ最高
まる太なげおもしろかった。
スタンプラリー等とてもおもしろかったです。
コーヒー・野菜も安くたいへん助かりました。おいしいコーヒーいただきました。
スタンプラリーがたのしかった
ブルドーザーを買えて良かったです
初めて参加しましたが、ただ家具を販売するだけでなく、縁日やゲームなども行っていて、おもしろかったです。またぜひ来年も来たいです。
木のおもちゃで子供があそぶところがあり、とてもいいと思いました。丸太なげ大会も毎年たのしくていいと思います。
沢山、実用品を購入、孫のおもちゃもたのしかったです
お目当ての商品が買えて良かったです!!ならんだカイがありました。来年も期待しています。今年はじめて来たけど楽しかったです。
木工品が安くなっていて魅力的でした。
もっと、品物が増えて、楽しみたいです。
たべものがおいしかった(2)
とても品物が良くてすばらしかったです。
ほしいものが手に入ってうれしいです。
毎年楽しみにしています 他ではカントリー調の家具など買えないので安く買えてうれしいです。
子供を連れてきても あそぶ所が沢山あってよかったです。
てんじ品

■全般に関して、感想や励まし
楽しいです。(かった。)(4)
毎年楽しいです。
色々な物が見られて楽しかったです。
はじめて来ましたが、楽しめました。来年もまた来たいと思いました。
I had fun.
大にぎわいでたのしい
知人に子どもが生まれたら 名前入りのベンチをプレゼントして大変、喜ばれています。
頑張ってください(2)
初めて来たのですが、毎年来たいと思いました!!必ず来ます!!
とても、いろいろなものがあってとてもたのしかった。
とてもいい
大雨でしたが楽しめました。
牛のにおいがきついです。
とても楽しかった。
毎年楽しみにしています。みなさんが一生けん命やってる姿や、やさしさに触れ、子供たちも、たくさん学べるところだと思っています。ありがとうございます。
毎年楽しみにしています。来年も来ます。
来年もきます。
子どもも喜んでいました。また来年もきます。
たくさんの人が参加していてビックリしました。来年もまた来たいです。
急な雨でびっくりしましたが、たのしかったです。
見ているだけで楽しいので、また来年も来たいです。


■ご要望・ご意見など
来年はさいほう箱(セット)作ってください(ほしい)(5)
パズルがほしかった。
商品をふやしてほしい。(2)
ブログがあることを初めて知ったので、帰ったら見てみようと思う。もっとセールの日が多いとうれしい!
職場で使うために購入したのですが、領収書が出ないということで、自腹になってしまいました。それでもたくさん買いましたが…。
木馬館が2つあるのを知らなかった。ラルズの方へ行ってしまいました。案内図のすぐ近くに住所をかいていてほしかった。少しずつ補充するとか、時間ごとに目玉商品をずらす等何か対応してほしいです。あと 販売所面積がせますぎるのでもう1スペースひろげてはいかがでしょうか。

以上、アンケートにご協力いただいた78名様の回答でした。
皆さまからは、貴重なご意見と、応援や励ましを戴き、
本当にありがとうございました。
また次回「第22回木馬館まつり」で、
皆さまにお会いできましたら幸いでございます。
これからもどうか「木馬館」をよろしくお願い申しあげます。


最後に
懸賞があたる
【Wチャンス抽選会の応募結果について】

アンケート回答者総数78名様
内、抽選に応募された方 77名様
A賞「お子様用ベンチ」応募総数55名様
B賞「カントリー調レターラック」応募総数20名様
選択不明2名様
応募されなかった方 1名様

※ご当選の結果は、9月9日「当選のはっぴょうです!!」に記載いたしました。
スポンサーサイト
2011.09.29 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
長らくお待たせいたしておりましたが、アンケートの集計結果がまとまりました。
文字量が多いので、2回に分けてご報告いたします。

今年のアンケートでは、昨年よりもさらに人数が増え、78名の方からご参加くださいました。皆様のご協力に感謝申しあげます。
「木馬館まつり」では、「どなたにも楽しんでいただけること」がひとつの課題で、次回もお越しいただける楽しいイベントになることを願いながら、良いところは維持しながら、必要があれば企画に改良を加えてきました。 
アンケートは、そのうえで、ご来場者みなさまの声をお聞かせいただく貴重な機会として、そのご意見は大切に活用させていただいております。

記述式の回答につきまして、お客様が書かれたものを尊重し、そのままで掲載するようにいたしましたが、ほぼ同じ記述と思われるものだけ、まとめさせていただきました。()の数字は、回答いただいた方の人数です。

Q1.性別および年代をお選びください。
性別  男性 17  女性 60  不明 1

年代  
10代以下 13
20~30代 44
40~50代 15
60~70代 6
80代以上 0
担当からのコメント
木馬館まつりには、
小さなお子様から年配の方まで、年齢は幅広く、例年お子様連れの姿が多くみられます。 
ここ数年の傾向としては、特に20代後半から40代の女性の姿が多く、これは、カントリー調の小型家具やインテリア小物を積極的に取り扱ってきたことに並行しているものと推察しています。

Q2.第21回木馬館まつりの「開催をお知りになったきっかけ」は、何ですか。(複数回答あり)
ポスター (19)
折り込みチラシ (43)
木馬館のブログ (2)
中央商店街「手づくり工房どーなつ」 (1)
知人や友人からなどの口コミ (10)
その他 (8) 以下内訳
新聞 (1)
ラジオ (1)
ステージ(※木馬館まつりで行われる)の出演依頼を受けて (2)
稚内を紹介した個人のブログ (1)
毎年来ている (3)
担当からのコメント
木馬館まつりの開催をお知らせする方法は、
新聞の折り込みチラシ、市内各所にポスターを掲示、こちらのブログで行いました。ほかに個人向けにお手渡しや郵送用に小さいチラシも用意しました。
アンケートの結果から、多くの方は、新聞の折込チラシを見て、足をお運びくださったことが分かります。
また、クチコミで当日来られたという方もおられ、少しでも話題にしていただけるイベントであることをうれしく思いました。


Q3.第21回木馬館まつりで「楽しみにしていたこと」「期待していたこと」があれば教えてください。
担当からのコメント
記述式の回答になります。
ご記入いただいた70名の方々の回答は、大別すると2つのパターンがみられました。
木工品販売に関する回答が多くを占めて約71%
参加型・お子様を対象とした企画が約27%
木馬館まつりでは、誰もが楽しんで頂けるよう、いろいろな企画を立てておりますが、
アンケートでは、多くの方が、木工販売に期待を寄せていることが分かりました。
木工販売は、木馬館まつりの企画としても主要なもので、お客様の期待に応えられるよう、早い時期から取り組んでいます。
また、「木馬館まつり」に特徴的な参加型の企画、例えば遊びの広場、木工教室、スタンプラリー等に関する期待度が高い結果となりました。この場でしか味わえないオリジナリティある企画に、多くのご来場者の方が楽しまれてくださっていることが分かりました。

■以下回答
木工品(3)
かわいい木工品が安く買えること
木工品の販売(等)(6)
家の中は木馬館の小物で飾っています。新作が楽しみです
木工家具購入
以前稚内に住んでいた頃購入。札幌駅で見つけて購入、最近はおいてないです。又、転勤で稚内に来たのでうれしいです。
かわいい家具が欲しかった。
家具
いい物が安く買えること
木工の小物(2)
カントリー木工品
手作りの品物
まい年、家具が楽しみにしています。
家具の販売
今年は木工に、さいほう箱があるかときたいしていました
妻がさいほう箱をねらっていた
今年こそはチラシで買いたいものゲットするため、早くならびました。
毎年来ていて全部楽しみです。
木の品物
木馬館の作品売場を楽しみに来ました。
木のおもちゃ(など、販売)(5)
手作りの木工品販売
チラシに載っていた宝箱がほしくて2週間前からずっと楽しみにしていた(のに売り切れだったこと。雑貨屋さんで売っている品よりはるか高いクオリティーで本当に心からほしかったのに…。)
木工品の販売、出店
宝ばこ(2)
手作りの品物
小物、つみき
おもちゃ、家具
おもちゃ
木のおもちゃ製作品
木製おもちゃの購入
めずらしい木のオモチャ
木のオモチャが安くかえること!!
どんな木工製品があるかたのしみでした
工作
工作たのしい
木工品の体験
子供がいるので、動物とあそんだり、作品を見る事
子供達が木にふれ合える事
木のおもちゃであそべること
製品販売・スタンプラリー
丸太なげ、子供のコーナー 木工販売
自分で作ること(2)
スタンプラリー、木工製品
子どもと楽しめるスタンプラリー
スタンプラリー(2)
スタンプラリー、丸太投げ(2)
丸太なげ
キッズダンス(2)
9才です(母代筆)毎年楽しみです。
全て



ご来場いただいた方から、
どんな期待を抱いて、何を楽しみに「木馬館まつり」においでくださったのかが
分かったところで、
その期待に、私たちは、実際応えられていたのでしょうか。
というのが、問題になります。
当日を迎える日まで、お越しいただいた方に楽しんで頂けるよう、
私たちが準備をすすめてきたことは、
ブログをご覧くださっている方には、ご存知のことと思いますが、
やはりそれも、結果を伴わなければ、独り相撲とうことにもなりますね。

では、お客様の評価は、どうだったのか
次ぎでご報告いたします。

つづく…
2011.09.28 Wed l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
木馬館まつりで
レーザー加工機の加工実演をしました。
下の写真は、そのときのもの。
子どもたちが興味深げに見ています。一体何を見ているのか。
ーザー実演
実演しているのは、用意した板材にレーザー彫刻をして「ものさし」を完成させるまで。

30本用意した材料が、あっというまになくなるほど、
大好評のデモンストレーションでした。

当日は、そんな風でしたので、すべてお客様が持ち帰られて、
そのものは、もうすっかりなくなってしまったものと思っておりました。

雑貨屋さんに置いてあるような「ものさし」に仕上がっていたので、
ブログに掲載できないのを残念に思っていましたが、
あとから、見本用にひとつだけ残っていたことが分かりましたので、
さっそくご覧いただきたく、
それがこちら
ものさし
レーザー加工はやっぱりきまるぜ!!
恒例となった、あやしげな外国語のデコレーションですが、
なんだか許せる出来栄え。(どこまでも自画自賛

かっこがよくても、単位として正確でなければ、
どなたにもご納得いただけないところですが、
加工の指示(プログラム)やデータ作成さえ正しく行えていれば、
高い精度を持って、何度でも再生し加工を繰り返します。それがこの加工機の最大の利点です。
ものさし メモリ
下の市販されているもと比べてみても、
「ものさし」として、充分使えます。
杓子を定規とは、いいませんよ。
イベントのデモンストレーションでも手抜きなしです。




「杓子定規」<ことわざ>:杓子の曲がった柄を定規代わりにすることから、
あやまった基準でものをはかろうとすること。
ひとつの基準ばかり当てはめようとする、融通の利かないやり方や態度のこと。
      
2011.09.22 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲
8月1日のこと

木馬館の敷地に接している道路に
電柱がやってきました。

電柱の位置を移動させるためです。

電柱って、あるものだと思っていましたが、
やっぱり人が立てていくものでした。

めずらしいので、見学させてもらいました。

最初は、巨大なコルクスクリューみたいな掘削機で、地面に穴を開けていました。
新電柱待機
電柱は、横にするとやたらと場所を取ります。


この重機は、穴あけドリルと
持ち上げクレーンを搭載しているので、
きっと、電柱専用の重機なんだと思います。(違うかもしれません。)

機械音を立てて、少しずつ持ち上がります。
新電柱 持上げ

上にいる作業員と下の作業員で、立てる位置まで
電柱を誘導しています。「こっっちに、こぉ~いっっ!!」って感じです。
新電柱 引張る
大きな声で指示を出し合いながら(正確には、怒鳴り声)
作業を進めています。  危険と隣り合わせの作業。しばし続く緊張感。
新電柱 立つ2

電柱の自立
新電柱 自立
よしよし立った、立った。

ならぶ電柱
第一木馬館の引き込み通路口をはさんで、門のような電柱。
古い方の電柱は、時期撤去されます。

当たり前にあるように思えることでも、
それは、ただ知らないだけでした。

電柱と電信柱は、違うことも知りました。
2011.09.16 Fri l 周辺・自然 l COM(0) TB(0) l top ▲
木馬館まつりを(はじめて)画像でご紹介してきました。
5回に渡りお付きあいいただき、ありがとうございました。
締めくくりは、館内の催しについて。

館内の企画は、9種類。

木工販売
遊びの広場
遊びの広場
展示コーナー<東日本大震災メッセージパネル展 障害者施設の視点から>
コーヒー販売コーナー
アンケート
木工教室
レーザー加工の実演(ものさしを作り、精度の高さをご覧いただきました。)
ーザー実演
NCルーターの実演(今年はクレヨンしんちゃんの彫刻)

以上9つの企画が第一施設と第二施設の両施設のなかで行われました。



下の写真は、第一施設で行われた、木工教室の様子です。
会場は、外のにぎやかさからは少し離れて、
会場にはトンカチやサンドペーパーをかける音が聴こえ、木馬館の日常が垣間見られる企画のひとつです。
木工教室
大人も子供もいっしょに。

ところで、ところどころ霞のかかったような曇った画像となっていることに、皆様お気づきでしたでしょうか
実は、開会式の大雨の後、水溜りにうっかりコンデジを落としてしまいました
故障するまでには、いたらなかったのですが、画像が見えにくくなってしまいました。ごめんなさい

最後にふたたび、「小動物コーナー」から ちびっ子のアイドルモルモット登場
モルモット「またね」

来年は、「第22回木馬館まつり」で皆様にお会いできますように。

ありがとうございました。
2011.09.13 Tue l イベント l COM(2) TB(0) l top ▲
第21回木馬館まつりが開催された今年は、日本にとってつらい歴史を残す年となりました。
3月11日の東日本大地震から、日本は、それ以前とその後と大きく変わってしまいました。
あの日から半年を過ぎた今もなお、被災地では、地震・津波の被害、原発の被害と苦渋の現実と暮らしています。


このたび、木馬館まつりの企画開始当初から「私たちにできる何かをしなくては」という思いがありました。
限られた条件から、障害者施設に従事する私たちが、目を向けるべき支援について、できることをいろいろと考えてきました。

東日本大地震で被災した福祉施設は、全国で19都道府県、1450箇所以上にものぼります。
4月21日現在の数字で、316人の利用者・職員が死亡。現在は、もっと明らかになり、それより増えているのかもしれません。
被災した福祉施設の人的被害は、行方不明・負傷者を合わせると500人を超えています。
また、被災した障害者は、避難所での生活が難しく「姿の見えない被災者」といわれ、
木馬館まつりの準備をしていた8月上旬に調べた時点でも、震災による障害者が受けた被害の実態は、ほとんどつかめていない状況でした。

私たちが行ったことは、小さなアクションであったと思いますが、
ひとつは、メッセージを添えたパネル展示をおこない、木馬館まつりに来ていただく方に、障害のある方たちの被災地の現状を私たちの手で伝えること。
もうひとつは、木馬館まつりで行われたことが、直接に支援に結びつくこと。
パネル展では、画像提供のご協力をいただき、地震発生直後から、いち早く被災した障害者の支援にあたり、今も続けているきょうされん
『東北関東大震災きょうされん被災対策本部』へ木馬館まつりで得た売上の一部から寄付する、
この2つを行うことにいたしました。

パネル展の会場は、例年「作品展示」を行う場所。そこでは、「コーヒー販売」も行うことから、「コーヒー販売」の売上全額を寄付することにいたしました。

このことは、木馬館まつり開催を案内するポスターに掲載し、市内各所に掲示させていただき、
開催前日には、地元紙の新聞で記事として取り上げていただきました。
また当日は、開会式でも、稚内市長のご挨拶の中でもご紹介くださいました。

「コーヒー販売コーナー」では、ホットコーヒー1杯を100円で、アイスコーヒー1杯を200円で販売いたしました。売上結果は、5時間の開催時間で12,600円になりました。
売上からは、コーヒーコーナーをご利用された人数が、100名近かったことが分かり、
木馬館まつりのご来場者数は、(当所の調べ)500名以上の方がお越しくださったと推定しておりますので、お子様連れが多い中、実に多くの方々が、私たちの主旨にご賛同くださり、ご利用いただいたかが分かりました。
いれたてのコーヒーの匂いが漂う会場では、お祭りらしいにぎわいをみせながら、大勢の方々から善意のご協力をいただきました。


きょうされん支援メッセージから
       ※きょうされん支援のメッセージから抜粋


そして、集まった寄付金の額ですが、
コーヒー販売の売上12,600円と
設置した「義援金の募金箱」に集まった1,174円を足した、
13,774円という結果となりました。
9月8日付けできょうされんの「きょうされん自然災害支援基金口」に
その全てを寄付しましたことをここにご報告いたします。
みなさまからのご支援ご協力まことにありがとうございました。
2011.09.11 Sun l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
今年も「木馬館まつり100人アンケート」にご協力いただき、まことにありがとうございます。

 
 「第21回木馬館まつり」でアンケートにご協力いただいた方の人数は、78名の皆様でした。(昨年62名様)
まだ目標の100人には及びませんが、ご来場者総数(事業所調べで500名様以上)の1割以上にあたるお客様のご参加をいただいたことになります。 
その場に足を止めて、ご協力くださった皆様からは、励ましやご意見・ご要望などたくさんの声をお寄せいただき、心よりお礼申し上げます。

※アンケート回答の集計結果は、後日あらためてブログでお知らせいたします。


では、「Wチャンス抽選会」当選者の発表です。

今回の抽選にエントリーされた方の人数は、アンケート回答者78名中77名様でした。
ご当選の発表は、アンケート用紙「お客様控え」抽選ナンバー(21-○○○)でおこないます。

■A賞 お子様用ベンチ<抽選で1名様> 
 応募総数55名様

ご当選者様 抽選ナンバー  21-003


■B賞 カントリー調レターラック<抽選で2名様> 
 応募総数20名様
 
ご当選者様 抽選ナンバー  21-013
               21-071


■ラッキー賞 檜ミニコースター2枚セット<抽選で10名様>
 抽選対象者数74名様

ご当選者様 抽選ナンバー  21-004
               21-010
               21-012
               21-026
               21-037
               21-046
               21-060
               21-076
               21-087
               21-090 

ご当選の皆様 おめでとうございます!
以上、ご当選者の発表でした。

どうか来年もよろしくお願いいたします。


◇景品のお届けについて◇

景品のお届けは、9月30日までに、直接お届けするか、発送でのお届けとなります。

A賞およびB賞のご当選者様には、後日、当事業所よりお届けのご連絡をさせていただきます。

ラッキー賞のご当選者様には、9月下旬頃に景品を発送いたします。


お届けに関する詳しい内容は、
ブログ記事9月1日「本日、抽選日」
にて掲載しております。
2011.09.09 Fri l イベント l COM(2) TB(0) l top ▲
木馬館まつりの「コーヒー販売コーナー」で使用していた、『集金箱』が壊れてしまったので、
「あたらしいの作ってくださ~い」と作業現場にオーダーをいたしましたところ、
今回の木馬館まつりに間に合わせて、あたらしいのを作ってくれました。
コインボックス 1
怪しげな英語のデコレーションもレーザー加工でかっこよく、
期待していたよりもずっとステキに仕上がって、最高!(自画自賛)
「ちょっと、いいんでな~い」
そんな稚内弁が飛び交ったかどうかは別にして、
内々には大好評の『集金箱』に仕上がりました。

サイズは、130*90*90で、見た目には、『貯金箱』にちょうどいい大きさに感じます。
中箱に高さがあるので、見た目とほぼ同じくらいの容量があります。
コインボックス 蓋開け
素材は、無垢のシナ材。 中箱はMDFを使用しています。
表面は、オスモカラーで着色をし、文字は、レーザー加工で入れてあります。

コインボックス 裏のかぎつけ穴
反対側には、小さな南京錠を取り付けられるようになっています。
※このたびは、100円ショップで売られていた、南京錠を付けました。
かぶせ蓋と中箱の重なりが深いので、鍵は1箇所で開かなくなります。
中の秘密を守るくらいのお役には立てるかと思います。

参考までにこちらの『貯金箱』オーダー価格は、
レーザー加工費も含めて1個3,500円程度となりました。

幣所では、木製小物のオーダーも承ります。
既成のものとは違うものをお求めの方は、
いちど幣所までお問い合わせください。いつでもご相談に応じます。
<稚内木馬館 0162-26-2170 窓口担当:舩木>
2011.09.07 Wed l 木馬館 特注品 l COM(0) TB(0) l top ▲
木馬館まつりの野外会場では、
ゲーム ちびっ子いっぱい
ゲームコーナー
小動物コーナー、食品テント、協賛テント、ステージが設営されています。

協賛テント
協賛テント
自慢の陶芸作品を携えて参加してくれた、陶芸家グループの『邑陶舎』(手前)と
とれたての新鮮な野菜をたくさん持ってきてくれる『金村農場』(奥)

ステージでは、ゲストとしてコーラスグループの『フラウエンコール』
お子様によるかわいいダンスを披露してくれる『キッズダンス』、
よさこいソーランの『最北烈風隊』がエネルギッシュな演舞を魅せてくれました。
よさこい演舞
よさこい演舞2
最北烈風隊
キッズダンス演舞
キッズダンス

大人も子供も力試しに大盛り上がりの
「丸太投げ大会」
男子の部、女子の部、子どもの部の3つに分かれて競います。
午前に行われた、子どもの部1回目の競技の様子
丸太投げ大会
写真中央のお子様。大きな丸太を抱えて、いま放り投げるところ。丸太デカイ!!
丸太投げ1
女の子が投げた丸太が、着地っ!!
後ろ側には、競技を終えた子や出番を待つ子どもたち、
そして、応援するお父さんやお母さんの姿。

食品テント[ドリンクコーナー]からみた様子
ドリンク販売
開会式で降った雨も止み、
お天気が回復したあとの野外会場は、
歓声とともに 美味しく、愉しく、たくさんの人でにぎわいました。

おしまいは、ゲームコーナーテント内[小動物コーナー]
ちびっこに大人気 「ふれあい動物公園」からのゲストアイドル「うさぎ」
うさぎ『まってる』
まだつづくよ…
2011.09.02 Fri l イベント l COM(0) TB(0) l top ▲
第21回木馬館まつり「アンケートコーナー」にてご協力いただいた方を対象とした、
『Wチャンス抽選会』の抽選を本日予告通りに行いました

そこで、当選発表に向けて、いくつかお知らせを申し上げます。

■当選は、平成23年9月9日に、今ご覧いただいている、このブログで発表いたします。
 発表は、「お客様控え」にある、抽選ナンバー[№21-○○○]で発表いたします。
※お名前やご住所による発表はいたしません。
 お持ち帰りいただいた、「お客様控え」の抽選ナンバーと照らし合わせてご確認下さい。

■抽選には、『第21回木馬館まつり』でアンケートにご協力いただき、『Wチャンス抽選会』にエントリーしていただいた、すべての方が対象です。
エントリーされた方であれば、アンケート用紙の「お客様控え」を持ち帰らなかった方も、抽選対象といたします。

■商品配布について
景品は、当選発表の9月9日以降、景品のご用意が出来次第、9月末までに、直接お届けするか発送でお届けいたします。

■当選のお知らせについて
こちらのブログで当選ナンバーをご確認いただくか、景品のお届けを以ってのお知らせといたします。
※幣所への、電話などによる直接のお問い合わせには、応じませんので何卒ご了承下さい。


【当選にかかわるご注意】
 
※A賞およびB賞のご当選者様には、商品をお届けするにあたり、日程確認などのご連絡をさせていただく場合がございます。
また、景品をお届けするにあたり、配布期間(発表から9月末頃)より2週間を過ぎても、ご連絡が取れない、または、景品のお届けが不可能と判断された場合には、*当選権を放棄したとみなし、当選を無効とさせていただきます。※再抽選はいたしません。

※ラッキー賞の景品は、すべて発送でのお届けといたします。発送後において、ご当選者様へのお届けが不可能とされる事態には、当選を無効とさせていただきます。※再抽選はいたしません。

以上、Wチャンス抽選会のお知らせでした。

それでは、エントリーされた皆様には、もう少し先の
9月9日の結果発表まで、お待ち願います。
2011.09.01 Thu l お知らせ l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。