上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
木馬館まつりで
レーザー加工機の加工実演をしました。
下の写真は、そのときのもの。
子どもたちが興味深げに見ています。一体何を見ているのか。
ーザー実演
実演しているのは、用意した板材にレーザー彫刻をして「ものさし」を完成させるまで。

30本用意した材料が、あっというまになくなるほど、
大好評のデモンストレーションでした。

当日は、そんな風でしたので、すべてお客様が持ち帰られて、
そのものは、もうすっかりなくなってしまったものと思っておりました。

雑貨屋さんに置いてあるような「ものさし」に仕上がっていたので、
ブログに掲載できないのを残念に思っていましたが、
あとから、見本用にひとつだけ残っていたことが分かりましたので、
さっそくご覧いただきたく、
それがこちら
ものさし
レーザー加工はやっぱりきまるぜ!!
恒例となった、あやしげな外国語のデコレーションですが、
なんだか許せる出来栄え。(どこまでも自画自賛

かっこがよくても、単位として正確でなければ、
どなたにもご納得いただけないところですが、
加工の指示(プログラム)やデータ作成さえ正しく行えていれば、
高い精度を持って、何度でも再生し加工を繰り返します。それがこの加工機の最大の利点です。
ものさし メモリ
下の市販されているもと比べてみても、
「ものさし」として、充分使えます。
杓子を定規とは、いいませんよ。
イベントのデモンストレーションでも手抜きなしです。




「杓子定規」<ことわざ>:杓子の曲がった柄を定規代わりにすることから、
あやまった基準でものをはかろうとすること。
ひとつの基準ばかり当てはめようとする、融通の利かないやり方や態度のこと。
      
スポンサーサイト
2011.09.22 Thu l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://wakkanaimokubakan.blog107.fc2.com/tb.php/262-8c4572f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。